フリーローンを借りるときは返済できるかどうか、何年で返済できるかよく考えてから申込みましょう。

ここでは、借入金額、金利、月々の返済金額を入力すると、毎月の返済額と返済完了期間を表示する便利なシミュレーション機能を作りましたのでお試しください。

利用にあたって1つ注意点としては、実際に利用するフリーローンでは、毎月の返済金額の計算方法が若干異なります。ですから、このシミュレーション機能で表示される返済金額はあくまで参考とお考えください。

返済シミュレーション

借入金額、金利、月々の返済金額を入力してください。

借入金額 万円

金利 %
※ 金利は限度額や個々の契約内容によって違いますが、はじめて借りる人は一派的に限度額50万円〜100万円程度で金利は最高金利です。

月々の返済金額 円/月
※ 月々の返済金額はカードローン各社で最低返済金額が決められている場合があります。

シミュレーション実行

おすすめのカードローン

  • プロミス
    • スマホだけでATMが使える
    • 最短1時間融資可能(※1)
    • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
    • 30日間無利息サービス(※2)
    • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
    • 家族にバレにくい
    ※1 申込み時間帯によっては難しい場合あり
    ※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
  • SMBCモビット
    • 10秒簡易審査
    • WEB完結申込(電話、郵送物、カード発行なし!※1)
    • 限度額 最大800万円!
    • 24時間振込が可能(※2)
    • クレカ機能とTカードが一体化したローンカード
    • スマホATM取引が可能
    ※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかの口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
    ※2 金融機関によってできない場合あり
  • アコム
    • 最短1時間融資が可能!
    • 30日間金利ゼロ円サービスで今だけ借りたい人にも評判!
    • クレジットカード一体型も発行可!借りずに直接ショッピングできる!
    • 24時間土日も即日銀行振込可能(※1)
    • パート、アルバイトもOK(※2)
    • 実質年率 3.0% ~ 18.0% は比較的低金利!
    • 限度額は最高 800万円!
    ※1 金融機関・申込時間帯により利用できない場合あり。
    ※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。
  • アイフル
    • はじめての方は最大30日間利息0円!
    • 最短30分で審査結果を回答
    • 即日融資が可能(※1)
    • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
    • 実質年率 3.0% ~ 18.0%
    • 融資限度額 最大 800万円
    ※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

カードローンの返済額は途中で変わる

カードローンの毎月の返済額は、主に、「借入後残高スライド元利定額返済方式」と呼ばれる方式で計算されます。「借入後残高スライド元利定額返済方式」は、最後に借り入れをしたときの借入残高によって、その後の毎月の返済額が決まります。

例えば、モビットの借入残高と毎月の返済額は、

借入残高 毎月の返済額
10万円以下 4,000円
20万円以下 8,000円
40万円以下 11,000円

と、このようになっています。

最初に、30万円を借りたとしましょう。すると、毎月の返済額はこの表から11,000円となります。返済が進んでいき、借入残高が5万円に減っても毎月の返済額は変わらず 11,000円のままです。

ところが、借入残高が5万円のときに、ATMで追加で3万円借りました。すると、毎月の返済額は4,000円に減ります。借入後残高スライド元利定額返済方式は、最後に借り入れしたときにはじめて毎月の返済額を再計算するためです。

しかし、返済額が減って喜んでいる場合ではありません。もう少しで完済というときに、毎月の返済額が4,000円に減ってしまうと、返済回数が増えてしまい、その分利息も余分に払うことになるからです。更に悪いことに、口座振替での返済だと返済金額が自動的に変わり気づかないということです。

ただ、逆に、これを利用して毎月の返済がきついなと感じたときに、少しだけ追加で借りて返済額を減らすという裏技的な使い方もできます。ただ、借入残高が少なくなっているときにしか使えませんが。また、借りている金融期間の返済金額の計算方法をよく調べる必要もあります。

このように、カードローンの「借入後残高スライド元利定額返済方式」は返済計画を立てるのを逆に難しくしているようにも思えます。いつでも借り入れができていつでも返済ができるという便利さの裏返しとも言えます。

だから、カードローンを完済させるコツは、お金に余裕があればいつでも追加で返済することです。口座振替での返済後に今月は余裕があるなと思ったら、ATMに行って追加返済をするといいでしょう。もし、追加返済した後にやっぱりお金が必要だったと思えば、またすぐに借りることができるのですから。

体験談

ページの先頭へ